ほんにっき


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
<< きみのためにできること/村山 由佳 | main | まとめて >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
世界の終わり、あるいは始まり
評価:
歌野 晶午
角川書店
¥ 780
(2006-10)
コメント:もういっぽ

 東京に独りなげだされ、どうしようかと悩んでいる時に立ち寄った本屋で
入口に平積みされていた本。
400万部だか売れたとか売れないとかで猛プッシュされていたので
持ってきた本も終わるし・・・と買った本

結果としてみれば主人公が思い悩むところがおもしろい、と評価するのか
結論がでないところに不満を持っていくのか・・・。
私はすっきりしないのは好きではないので、うーん・・・・・・・・と思った。
前半は結構いいテンポで読んでいたのに後半になるにつれて、またか・・みたいな印象でつまらなかった
| - | 10:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 10:48 | - | - |









http://yunabook.jugem.jp/trackback/80